OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォトライブラリー

本庄陸男生誕の地碑

 明治38年、当時の当別村太美地区に誕生した本庄陸男は、小学校2年生まで当地で暮らしました。小説「石狩川」は氾濫に苦しみながらも開拓を続けた人々をリアルに描いた1939年の作品でベストセラーとなりましたが、その年の7月に34歳の若さで亡くなりました。

この画像をダウンロードする

上記リンクを右クリックし「名前をつけてリンク先を保存」を選択、または左クリックし別ウインドウで表示された画像を「名前をつけて保存」してください。

この画像の分類

分類

ページ上部へ戻る