SANYO DIGITAL CAMERA
フォトライブラリー

石狩鍋

石狩鍋の名前は、かつて鮭がよく取れた石狩川)で水揚げされた鮭を鍋料理にして食したことに由来していると言われています。北海道の郷土料理としておなじみで、「石狩鍋」は、石狩市が発祥の地です。 サケの身のぶつ切りに、中骨などの「あら」を入れ、野菜は、甘みを引き出すためにキャベツやタマネギを使い、豆腐、ツキコンニャクなどの具材が入り味噌を加え、最後に魚の臭みや味噌臭さを抑え、うま味を引き出すために山椒をかけるのが本場の「石狩鍋」です。

この画像をダウンロードする

上記リンクを右クリックし「名前をつけてリンク先を保存」を選択、または左クリックし別ウインドウで表示された画像を「名前をつけて保存」してください。

この画像の分類

分類

ページ上部へ戻る