169_orig
フォトライブラリー

苔の洞門

苔の洞門は、樽前山が噴火したときに流れ出た溶岩が沢水等により浸食されてできた回廊状の地形で、その岩肌に約30種の苔が密生しています。
平成13年の6月に岩盤の一部が崩落し、洞門内に入ることができなくなったため、現在では入口付近に観覧台を設置して開放しています。開放期間は6月上旬から10月下旬です。

この画像をダウンロードする

上記リンクを右クリックし「名前をつけてリンク先を保存」を選択、または左クリックし別ウインドウで表示された画像を「名前をつけて保存」してください。

この画像の分類

分類

ページ上部へ戻る