ドライブルート:札幌・恵庭・北広島

3市縦断、観・遊・味
 札幌を南へ、ドライブの疲れを癒す渓谷美を楽しみに色々足を伸ばしたい。230号線を南下すると最初に芸術の森が右手に見えてくる。野外美術館をはじめ多くの施設が立ち並ぶ芸術の一大拠点だ。時間に余裕があればぜひ立ち寄りたい。さらに道を進み、恵庭方面へ左折してしばらく行くと、迎えてくれるのは深い自然と三つの滝。そして静かな水を湛えるえにわ湖、見事な渓谷美である。紅葉の季節は特に美しい。
 次に北広島市では、札幌農学校を去るクラーク博士が名文句を残した道へ。そこには北海道開拓草創期の空気が残っていた。忘れかけた何かを思い出させてくれる。
map
 

1白扇の滝

map

photo

恵庭渓谷のラルマナイ川は、恵庭へ向かう道と交差するが、そこに個性的な3つの滝がある。一帯は自然公園として散策路や滝見広場などの施設が整えられており、30分程度で滝めぐりを楽しめる。中でも、最も人気が高いのが白扇の滝。高さ約15m、幅約18mの滝は、扇を広げたような優美な姿をしている。紅葉の時期は特に美しく、例年多くの観光客が訪れる。白扇の滝から約700m下流に位置するのがラルマナイの滝。この滝の付近は急勾配の板状節理の川床が続く。生い茂る緑と滝とが見事に調和している。ラルマナイの滝からさらに下流200m程の所に三段の滝がある。三つの滝のうち最も下流に位置するこの滝は、白い帯が三段になって恵庭渓谷を割るように流れ落ちる姿が美しい。また、三段の滝の付近には、義経の財宝が眠っているという伝説の谷がある。 恵庭市盤尻(道道117号線=恵庭岳公園線沿い)

トイレ有 駐車可

2えにわ湖(漁川ダム)
map

photo

 ラルマナイ川はえにわ湖へ注ぐ。これは昭和57年に造られた人造湖(漁川ダム)で、湖面に映る緑や夕日が美しい。周辺には公園も整備され市民の憩いの場となっている。

トイレ有 駐車可

3えこりん村
map

photo

平成18年6月にオープン。エコがテーマの新しい試みに満ちた約39haの広大な施設。ガーデンセンター「花の牧場」、ステーキとハンバーグ「天満食堂」、本場イタリアン「らくだ軒」、30のテーマガーデンを持つ「銀河庭園」の3施設と放牧場や教育庭園「石の花農場」などがあり、見どころが多い。

トイレ有 駐車可 食事可 体験可

4サッポロビール北海道工場
map

photo

当日受付で工場見学(10人以上は予約)ができる。できたてビールの試飲タイムも含め所要時間は約40分(ドライバーは清涼飲料の試飲)。レストラン「ヴァルハラ」では、できたてのサッポロ生ビールを味わえるほか、パークゴルフ(ワンドリンク付き700円 用具貸出無料)も楽しめる。

●時間/9:00〜11:45、13:00〜15:50(11月〜4月の土・日・祝祭日休館)
●料金/見学無料 恵庭市戸磯542-1 TEL(0123)32-5811

トイレ有 駐車可 食事可 体験可

5道と川の駅「花ロードえにわ」
map

photo

サケの遡上する漁川に隣接する都市型道の駅。地元食材にこだわったレストランも完備。焼きたてのパンも人気。恵庭農畜産物直売所「花野菜(かのな)」も平成19年4月にオープン。近くにはガーデニングで有名な恵み野地区がある。

●時間/9:00〜19:00(無休) 恵庭市南島松817 TEL(0123)37-8787

トイレ有 駐車可 食事可

6旧島松駅逓所・クラーク記念碑
map

photo

photo

函館〜札幌間の道路が開通した明治6年に設置され、明治14年の明治天皇の巡幸に際しては行在所ともなった。明治17年に正式の駅逓所となり、その経営には、石狩水田の祖とうたわれる中山久蔵があたった。また、ここはあのクラーク博士にもゆかりが深い。W.S.クラークは明治9年、開拓使に招かれ札幌農学校の教頭になる。9カ月の在任後、翌10年4月に帰国する。当日は開拓使本陣で記念撮影し、学生たちも馬でこの島松へ見送りにきた。学生たちへの別れの言葉が“Boys be ambitious”「青年よ大志をいだけ!」。

●開館日/4月28日〜11月4日 
●休館日/月曜・祝祭日の翌日 
●時間/10:00〜17:00
●入館料/大人200円、中学生以下100円 北広島市島松1
 TEL (011)377-5412

トイレ有 駐車可

上へ